音無サノトの空想録

ゆるい漫画を描いています

【ゲーム制作】自作した BGM を Unity に導入する

どうも音無サノトです(^^)

前回までは Cakewalk を使用して BGM の作成を行っていました。

それを制作したゲーム内に導入してみようと思います。

 

この記事で書いたゲームに導入します。

otonasisanoto.hatenablog.com

 

 

進捗報告

  •  玉転がしゲームに作成した BGM をつけた 

 

作業内容

まず音楽をインポートします。

Assets フォルダの中に「Sounds」フォルダを作成して、音楽ファイルをドラッグ&ドロップします。

f:id:otonasisanoto:20190608111034p:plain

作成した BGM のインポート

 

Unity のオーディオ機能には Audio Listener と Audio Source というものがあります。

Audio Listener : マイクの様な機能で基本的に Main Camera についている。

Audio Source  : Audio Clip(音楽ファイル)を再生する。

 

Audio Listener がつけられているオブジェクトがサウンドを拾い、その音を流します。一般的には Main Camera についており、この Audio Listener が Audio Source のついているオブジェクトに近づくと音が聞こえます。

 

例えば川の音をフィールド内の川が流れている部分に Audio Source を置いて、そこにプレイヤーを動かして Main Camera 近づくと川の音が段々と聞こえてきて、近づくにつれ音が大きくなったりします。

 

他にもスクリプトで Audio Sorce がなるタイミングを操作したりもできます。

例えば剣を振る動作のときにキャラクターの掛け声を出したり、剣が風を切る音を鳴らしたりといったことができます。

 

今回は BGM となりますので常に聞こえるように Main Camera に音楽ファイルをつけます。

f:id:otonasisanoto:20190608111502p:plain

BGM を MainCamera につける

 

そして、音楽が繰り返すように Loop にチェックを入れます。

f:id:otonasisanoto:20190608111604p:plain

Loop にチェックを入れる


これで BGM も入れることができました。


【Unity】玉転がしゲームを改良してみた

 

次回予告

とりあえず、今回までで玉転がしゲームの改良は終了します。

ここまでで、ゲームの制作、モデリングDTM を一通りやりました。

つまり本気を出せばゲームに必要な要素を素材から自作できるということです(これがやりたかった!!)

今後はそれぞれのスキルアップを目指していこうと思います。

 

ゲーム制作としては次回、キャラクターを操作することをやります。

これができないとゲームとして面白くないので(`・ω・´)

Unity ちゃんというキャラクターが配布されているのでそれを動かします。

 

本日は以上となります。最後まで読んでいただきありがとうございました!