音無サノトの空想録

ゆるく生きている人の漫画

TRPGなるものをやってみた

どうも音無サノトです。

今日はTRPG(テーブルトークローリングプレイゲーム)なるものをやってみました。

これは、最初に提示されたルールにのっとりキャラクターを作成して、ルールに従いながら自分たちで物語を作って進めていくというゲームです。

サイコロを使って自分のキャラのパラメータを決めたりとか、出目によって展開が変わったりとします。

 

まあ、やってみての感想は面白いのですが初心者だけでやると、色々と物語が破綻します。

要はグダグダになります。

設定の甘さだったりとか、物語の辻褄がおかしいとか。

色々と問題が出てきます。

それも含めて楽しかったのですがTRPGの楽しさでは無いような気がしましたね笑

 

ただ、この遊びは物語を作成する能力が上がりそうです。

漫画制作に役立つかも。

今度はもっとルールをちゃんと理解してからやろうと思います。

 

本日は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました!