音無サノトの空想録

人生何も考えてない人の描く漫画

【4コマ】知的好奇心を失った瞬間

『兄妹』錯覚

f:id:otonasisanoto:20200121232621j:image

なんでだろう。

 

どうも音無サノトです。

小学生の算数の授業のことです。

自分は算数とか数学が得意だったので、出された課題を早めに解いて時間を持て余してました。

そのとき、何となく鉛筆を振ってぐにゃぐにゃさせて見てました。

何でこんな風になっているのだろう。

色々と考えていたのですが、授業が再開されていたらしく先生に指摘されました。

そのとき、物事に疑問を持って考えることが一瞬つまらなく感じました。

 

算数の時間は算数に集中する。

それは正しいことなのかもしれません。

だけど人は自ら疑問を見つけてなんでだろうと考えることで学ぶ意欲が湧くと思うのです。

 

知りたい意欲がないのに知識を押し付けられても人は覚えないと思うのです。

 

...思うのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!