音無サノトの空想録

ゆるい漫画を描いています

たまには愚か者になることも必要だと思うのだ

オールして昨日の昼寝以降、寝ていない。

確か18時半に起床して、この記事を書いているときが13時を回ろうとしているから、起動時間は17時間半といったところか。

 

不思議なもので寝ていないわりには眠くない。

ワーキングハイに近い状態なのか。

 

ただ、頭が回っていない感覚はある。

いつもより文章を書くのも遅いし、冒頭の起動時間の計算もかなり労力を使った。

記憶はあるんだけど引き出すのが疲れる感じ。

ぼーっとしている。

 

友人と酒を飲み、カラオケに行って朝帰り。

もう学生の頃の若さなどはなく身体的にシンドイのに、楽しさ優先でそういう愚行を繰り返している。

 

ただ、なんとなく、こういう日を過ごすと、人間らしさを感じる。

ああ、アホだなぁ~。でも、それでもいいじゃないか。

理性通りに動いていない自分は、それはそれで人間っぽい。

本能で動いているというか。感情で動いているというか。

 

なにかとロジカルが重視される社会。

論理的思考で導き出した理想の行動とは程遠いが、頭のねじをどこかで緩めないとガチガチになって壊れる気がする。

 

っていう言い訳を思いつきましたというお話。

 

まあ、どうせまたやるよ。