音無サノトの空想録

ゆるい漫画を描いています

【4コマ】漫画家はキャラに想いをのせたい生き物かもしれない

『彼女は20歳です』 夢

f:id:otonasisanoto:20190705103016j:plain

こんな彼女の漫画をときどき描こうと思います。

 

どうも音無サノトです(^^)/

漫画を描いて飯を食べていければいいな〜という想いは自分の中に少なからずあります。

でも現実はそう簡単にいかないしな〜という想いもあります。

それは先週の4コマで少し描きました。 

otonasisanoto.hatenablog.com

 

自分にとって漫画を描くということは、漫画の中で色んなキャラに色んな考えをセリフとして書き出すということです。

それって自分が普段なんとなく思っていることなんですよね。

それを自分の言葉として書き出すと気恥ずかしさや素の自分のキャラじゃないなと思い、ためらってしまうものを別の人格を通して表現している。

それが漫画を描いている人たちがやっていることではないかと思います。

 

普段、描いている『兄妹』という作品も、何気なく日常で思っているけど、そのまま言葉にすると割とどうでもいいことなんです。

でも、それを二人の日常会話として表現することでちょっぴり面白さが出せるのではないかという想いがあります。

これ面白いんだけどどう? みたいな気持ちです。

 

そんな感じで日々、キャラに想いをのせて漫画を描いています。

 

--- 32ページの読み切り進捗 ---

2ページ目:90%

残り:30ページ 

2ページ目に着手しました。週末は加速します。

 

本日は以上となります。最後まで読んでいただきありがとうございました!