音無サノトの空想録

ゆるく生きている人の漫画

【雑記】頭のいい人の文章ってわかりやすよね

どうも音無サノトです。

色んな人のブログを読んでいると、この人は頭がいいなとか思ったりします。

判断基準は、大体が文章の読みやすさです。

書いている内容よりも、どう書いているか、の方が重要です。

わかりやすい人の文章は流れる様に頭に入ってきます。

もしかしたら、「自分との思考回路が似ているから」という可能性は捨て切れませんが、文章を読むときの脳への負荷が少ないです。

 

これは喋っている時でも似たような感覚を覚えます。

喋っていることがわかりやすくて、話のキャッチボールがほどよい人って知的だなと思ったりします。

 

頭のいい人って要領がいいんですよね。

難しいことを分かりやすく言葉にする力があるなと感じます。

具体的に段階を踏んで話し、そして共感を得る、その流れが話しで出来ている感じがします。

 

自分もそんな風に、端的に物事を伝えられる様になれたらなと思います。

わかりやすい文章、今後も意識していきたいです。

 

余談ですが、自分は母と喋るときに、ときどき面倒くさくなったりします。

男性脳と女性脳の違いなのか、年齢差なのか、そもそも子は親の気持ちを理解できないものなのか…

何なんでしょうかね。父親にはあまり感じないのですが、母の話はとにかく長いと感じます。

結論だけ言ってくれ、といつも思ってしまいます。

 

そんなことを思った1日でした。

 

本日は以上となります。最後まで読んでいただきありがとうございました!