音無サノトの空想録

ゆるい漫画を描いています

京アニの事件を受けて創作意欲がなくなったことへの殴り書き

どうも音無サノトです。

もう色々と動揺しています。京アニのショックから抜け出せません。

平常心が保ててないです。

もしかしたらしばらく描けないかもしれません。

 

ハルヒからアニメにハマり、そこから京アニとともに学生時代を送っていました。

 

アニメが好きになったのもハルヒと出会ったから。

 

そこから色んな作品を見るようになった。

 

友達との会話もアニメが中心。

それが楽しかった。

 

ある意味、一人の親友のような、または大切な思い出の一つのような感覚がありました。

 

何回、ハルヒを見ただろう。

何回、氷菓を見ただろう。

 

青春そのものだった。

 

ユーフォが楽しみだった。

エバーガーデンが楽しみだった。

 

来年の生きる糧だった。

 

CLANNADだって、メイドラゴンだって、Freeだって、甘ブリだって、中二病だって、けいおんだって。

まだまだ沢山ある。

 

言葉にできないくらい。

 

放火の痛ましい事件。

死亡者数が増えるために無気力さが生じます。

 

京アニがアニメの世界を見せてくれた。

そこから色んな作品を見て、自分もクリエイティブな行動を取りたくなった。

 

だから漫画という形で微力ながら作品を描いていました。

 

少しの読者に伝わってくれればいい。

自分が自分の作品を好きで、今まで好きだった作品から受けた何かを形にしたくて。

京アニは自分が目指していた作風でもありました。

 

ただ今回の事件は自分でも想像以上に精神的なダメージを受けました。

こういうときでも平常心で原稿に向かおうと思ったのですが、手が進まないです。

情報を遮断しても気になってしまう自分がいます。

 

人生、それなりに色々とありましたけど、今年はこれが1番つらいでき事です。

 

すいません。4コマも32ページの読み切りも手が付けられるか怪しいです。

 

なるべく淡々といつも通りにしようと思いますが明日からの更新が途絶えてしまったら申し訳ないです。

 

時間を少しおいて考え方を変えました。

自分が落ち込んでいても仕方がないと。

 

なので淡々と描き続けます。

クリエイターとして少なからず何かを受け取っているので。

それを繋ぐことが自分にできることかなと。

 

まだ現状は何もできないですが、京アニが今後の方針活動を正式に決定次第、資金的にもファンとしても応援していこうと思います。

 

お亡くなりになられた方々へご冥福をお祈りいたします。

素敵な作品をありがとうございます。