音無サノトの空想録

漫画を描いている青年

自分の好きなコンテンツとはリズムが合う

『兄妹』 入浴剤

f:id:otonasisanoto:20211221225536j:plain

温泉行きたいですね。

 

どうも音無サノトです。

M-1の熱がまだ冷めてないです。

私は決勝戦だけでなくYoutubeでその前の3回戦やら準々決勝戦なども見ています。

今回、印象に残ったお笑い芸人はフースーヤ、ランジャタイ、ヨネダ2000、カラタチの4組です。

いや、もうずっとこの4組の漫才をずっとリピートで聴きながら漫画を描いています。

 

この4組に共通しているのがリズムが心地いいというところです。

話し方と展開のリズムが心地いい。

だから自分の意識にスッと入ってくる。

 

これはブログの記事などでも同じことが言えると思います。

読みやすい文章ってリズムがいいと感じます。

自分の思考のリズムと一致している感覚。

 

そう考えると映画も音楽も漫画もYoutubeも。

全てのコンテンツにはリズムがあり、そのリズムが心地いいとスッと入ってくる感じがあります。

 

このリズムがなんなのかを掴めると自分の創作にも活かせそうです。

はてなんだろうか。

模索の日々は続きます。

本日は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました!