音無サノトの空想録

漫画を描いている青年

M-1最高だった。頑張ろうと思えた。

『兄妹』 ノマドワーカー

f:id:otonasisanoto:20211218204116j:plain

 

『兄妹』 かじかむ

f:id:otonasisanoto:20211219232742j:plain

昨日、ブログを書き忘れたので2本立てです。

 

どうも音無サノトです。

今日は漫才の頂点を決める賞レース。

M-1グランプリがありました。

私は漫才が大好きで毎年見ているのですが、今年も面白いコンビばかりで笑わせていただきました。

 

優勝したのは錦鯉さん。

50歳、最年長で出場となったボケのまさのりさん。

優勝が決まった際にボロボロと流してた涙にはグッとくるものがありました。

50年、夢を追い続けて生きてきた。

そんな人の人生が報われた瞬間を見ました。

励まされます。もっとやろうという気持ちが起きます。

ありがとう。

全力で猿を捕まえようとしてた姿は目に焼き付きました。

めっちゃ面白かったです。

 

こういう感動を忘れたくない。

自分の心が動く瞬間にこそ、自分が漫画で描きたいものがあるのです。

この胸の底から湧き上がってくる感覚。

そういった感動できる作品を描きたい。

ほのぼのとした日常漫画も好きなんですが、何かに挑戦する人間の生き様というのも描いてみたい。

それに何より、私自身が夢を追いかける人間になりたい。

そう強く思いました。

 

私も50歳まで夢を見続ける漫画家になりたいなー。

そんな妄想をさせていただきました。

 

私が50歳になるまではあと23年。

生きてきた年数ぐらいの時間があります。

これは長いのか短いのか。

でもこの期間、ずっと挑戦し続けている人間になりたいです。

 

読切漫画の進捗が悪くて心が折れかかっていましたが、今日でエネルギーを注入できました!

よし、やるぞ!

本日は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました!