音無サノトの空想録

ゆるい漫画を描いています

今日はイヴの時間10周年記念上映会に行ったよ

楽しかったです。

 

どうも音無サノトです。

吉浦監督の作品を見たのは「サカサマのパテマ」が最初でした。

そこから遡りイヴの時間を見たのは何年前でしたかな。。。

 

AIを搭載した人型ロボットのアンドロイドが当たり前になって間もない時代の話。

人間とアンドロイドは区別され、世間体的にはアンドロイドは物に近い扱いをされています。

 

そんな中、主人公は自分のアンドロイドが命令にない行動をとっていることに気づきます。

そのアンドロイドが行ってたのは人間とアンドロイドを区別しない喫茶店イヴの時間」でした。

 

こんな物語なのですが、すごく自分好みで面白い。

人間とアンドロイドの対比というギミックから喫茶店で繰り広げられる会話劇が実に秀逸。

話のテンポも早くて、物語を見ているというよりは、彼らの日常を見ている感じ。

考察できる部分も含まれており世界観の奥深さがあります。

 

今日の上映会では吉浦監督のトークショーが前半に行われたおり、それを聞いた後だと今までとはまた違った視点で作品を見ることができました。

 

f:id:otonasisanoto:20200704234126j:image

 

吉浦監督の次回作が楽しみです。

またイベントがあったら行きたいと思います。

 

本日は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました!