音無サノトの空想録

ゆるく生きている人の漫画

【雑記】そろそろしょうもない人間になりたい

どうも音無サノトです。

色んな人のブログを読んでいると個性というのを段々と感じます。

それが堪らないのですが、なんでしょうね、文章が下手な人の方が読んでいて面白いです。

 

書き方のテンプレートみたいなものあるじゃないですか?

段階を踏んで、論理的にまとめられてる的なものが。

検索流入とか考えて構成しっかりしているブログとかです。

目次とかしっかり立てて、一目見れば、このブログから、どういう情報が得られるかというのがわかる、優秀ブログです。

知りたい情報を見たいときは、そういうブログはありがたいのですが、読み続けたいとは思いませんね。

教科書じみた何かを感じます。

 

個人的には、なんか、もう勢いで書いただろって文章の方が面白いです。

なので、そろそろ自分もそこら辺を目指していこうかと。

 

なるべくしょうもない人間になりたいです。

馬鹿みたいに単純なことを楽しんでいる人間になりたいです。

 

学生時代から「真面目」というレッテルを貼られて、なかなか苦労しました。

 

「責任感がある」

「理解力があるから大丈夫だろ」

「ちゃんと出来ているから」

 

学生時代から社会人で、そんな評価を受けました。他人からいただいた言葉です。

ありがたい高評価なのですが、それって無理して作り出し、演出した自分なので、それはもう疲れ果てる日々でした。

 

なので「やーめた」と今は思っています。

もう真面目で完璧主義とか疲れます。

疲れる人生は嫌です。

ゆとり世代なので、ゆとりらしく、ラクして生きていきたいと思います。

 

とか言いながら、内心では人生はそんな甘くないだろ、と戒めている自分がいます。

それが真面目だと思われる原因なのかもしれません。

 

鈍感力が欲しいです。

しょうもないく生きていきたいです。

 

世界の片隅にいる、ひとりの青年の戯言です。

 

本日は以上となります。最後まで読んでいただきありがとうございました!