音無サノトの空想録

ニートだけど漫画家を目指そうかと思う

【雑記】絵を描くのってやり始めまでが力いる

どうも音無サノトです。

昨日の予定では4コマ漫画を投稿する予定でしたが断念しました。

どう考えても今日は間に合わないです。

 

これは持論なのですが、絵を描くのってやっているときは楽しいのですが、やり始めまでがかなり苦しい気がします。

やり始めたら筆がノッテくる感じがあるのですが、やり始め前の「ああ面倒・・・」という気持ちになかなか勝てないです。

 

今日の言い訳としては、

  • 花粉に体力持っていかれた(鼻水と目がやばかったです)
  • 3日間、漫画制作を継続していたので疲れがたまっていた
  • うっかり夕方にうたた寝をしてしまい時間がなかった(寝落ちです)

などこじつけることは出来ますが、まあ面倒だったが一番潔い理由な気がします。

 

ということで「今日はやーめた」という気持ちで明日からやります。

前に何かの記事で書いたのですが、三日坊主になっても三日目にまたイチから始めればいいじゃないか、という生き方をしたいので開き直ります。

この理論でいくと明日やるかどうかも怪しいです。

 

ただ、何かしらやっているよ感は出すために裏でこっそり描いていて、まだ描き途中の『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』のノエルを載せておきます。

f:id:otonasisanoto:20190313231948p:plain

 

余談ですが、ブログを書くことには力はあまり要らないのに、絵となると少し気構えなければいけないのは何故だろうと考えています。

文章を書くのと絵を描く行為に何かしらの差異があるのでしょうか。

 

情報量の多さですかね?

 

文章は単語の接続で形成することができますが、絵は線やら比率やら配置関係やら色彩やら色々と考える情報量が多いからでしょうか?

単純に時間だけで考えてもブログは1記事に30分程度、それに対して4コマは2時間程度かかりますから、労力は4倍です。

それが「ああ面倒・・・」を生み出しているのかもしれません。

 

まあ長い目で見ていれば、「毎日やらなきゃダメなんだ」と自分に言い聞かせるよりも、「やりたいときにやればいい」と言い聞かせた方が長続きできそうでいいかなと思います。

 

継続が一番と考えて、今日は明日の自分に投げます。

 

本日は以上となります。最後まで読んでいただきありがとうございました!