音無サノトの空想録

ゆるい漫画を描いています

【アニメ紹介】『灰と幻想のグリムガル』ドラマチックな異世界転生モノ

どうも音無サノトです。

先週の土曜日にたまたまテレビを見ていたら『灰と幻想のグリムガル』というアニメがやっていました。調べたところ、2016年の冬アニメで『この素晴らしい世界に祝福を!(通称:このすば)』と同時期にやってたアニメでした。このすばがコメディ寄りの異世界転生モノとしたら、グリムガルはドラマチックな異世界転生モノって感じかなと思います。久しぶりに見たので見返してます。

 

灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)
 

 

異世界転生モノというと、主人公が最初から強くて、経験値がどんどん溜まりスキルアップしていくパターンが多い中、この作品は主人公を含め、落ちこぼれのパーティが成長していく姿が見どころです。

ゴブリン一匹倒すのにも苦労します。主人公のハルヒロが「ゴブリンって強くね?」と嘆くくらいです。命の奪い合いをしているのだから、どちらも真剣な戦いをしています。

 

転生モノとしては珍しいなと思ったのが、冒頭部分で複数人が記憶が曖昧な状態で目覚めます。自分がどこから来たのかということすら分かりません。ただ流れるままに見習いの義勇兵としてパーティを組んで生活の為に魔物を討伐します。ハルヒロたちのパーティはゴブリン一匹倒すのも苦労し、貧乏生活を送ります。仲間と少しずつチームワークを築きつつ成長していく人間模様が見応えあります。ただ途中でパーティを揺るがす事件が起きますが。。。

 

アニメが面白かったので続きも気になってるので、小説の方も読みたいなと思っているのですが、見たいアニメも小説も溜まってるので、いつ出来るだろうかという感じです。

 

本日は以上となります。最後まで読んでいただきありがとうございます。